メッセージfromなっち

どんなにうまい言葉を並べても 
そこに心がなければ 何も響かない

たどたどしい言葉でも 破茶滅茶な言葉でも 
心や想いがこもっていると 
泣きたくなるほど響いてくる

私の目の前で 大切な人がもがき苦しみながら 
嗚咽するほどに泣いていたら
私は そっと寄り添うだろう  

わたしは私に一番に寄り添う
自分に寄り添ったことがなければ 
人に寄り添うことはできない
自分自身について知らなければ 
人を知ることは出来ない

何も言わなくても 存在で 気配で
私をハグしてくれていることも 
しっかり伝わってくる

逆に 人の顔色ばかり気にして
自分を置き去りにしている人は 
そのままの世界を生きているから
いつか人は離れていく 
1人になると怖れ 今にいないから 

もがき苦しむ人がいても
ジブンゴトのようには置き換えられず
何も感じていない  気づかない

自分がどう思われているかに
全エネルギーを費やしている

以前の私は
こんなシンプルなことが
本当には、理解出来なかった


魂からの
本当の自分で生きると決めて
生き始めたら
自分のことを
本当に大切にするようになった

どんな自分でも
大切な自分の一部
大切な自分の経験の一つだと
愛おしくなった

そうしたら  周りにいてくれる
出会ってくれる
人達のあたたかさが  想いが
とてもとても  心に染み込み
とてもとても  ありがたくて  泣けてくる

宇宙は
決してあなたを一人になんかしない

あなたが  心を閉ざしても
迷いに迷っていても
大きな愛で
あなたを見守ってくれている

そして  それは一番近くで
どんな時にも  あなたを諦めずに

声をかけ続けてくれている
人(達)だったりする

今こそ
自分に寄り添ってみよう

ずっとずっと
おいてきぼりにしてきた
自分をハグしてみよう

とってもとっても愛おしい
いてくれるだけで
どれだけ救われただろう

ありがとう
ありがとう

ありがとう

ここまでメッセージを読んでいただきありがとうございます。

何かを感じてもらえたら嬉しいです。